· 

私が在宅ワークをしようと思ったきっかけ

みなさんこんにちは!

JOINTの主婦ライターのコナカです。

 

私は現在、主婦をしながら、このブログを書くライターとして在宅ワークをしています。

 

ですが、仕事を探し始めた頃は、在宅ワークで働くという選択はしていませんでした。

 

 

 

働くことが難しい主婦

初めに働こうと考えたとき子供がまだ3歳でした。

そのため子供を保育園に預けて、その間に外で働いて…と思っていました。

 

思い立ったら即行動!

さっそく求人広告に掲載していた会社に面接を受けたいと連絡をしました。

 

しかし、自分が働きたい時間でのパートの募集が本当に少なく、もし見付かったとしても大半の応募先の会社からは

「子供は保育園に預けているのですか?預ける予定はありますか?」

と聞かれました。

まだ決まっていないというと、やはりいい返事はいただけません。

 

その他にも

「学校行事は大丈夫なのか」

「子供が病気の時はどうするつもりなのか」

「あまり突然に休まれると困る」

と言われた会社もあります。

 

周りの人に色々と相談にのってもらっており

「先に仕事が決まっていると保育園に預けやすいよ」

と聞いていたため仕事を先に探していたのですが、勤め先を探す場合は保育園を先に決めるのが効果的なようです。

 

そこで次に私が住んでいる地域の保育園に預けようと役所に問い合わせてみました。

 

予想はしていましたが、現在は保育園の空きがなく待機状態になるとのこと。

待機児童問題です。

 

役所の担当の方に、どのくらいの期間待てば良いのかと聞いてみましたが、待機児童でも優先順位があると言われ、早く保育園に申請したとしても、まずは【ひとり親世帯】や、【疾病世帯】などが優先されると言われました。

 

私の住んでいる地域では

・夫がいて、正社員として働いている

・私が病気ではなく、子供を見られる状態にある

・育児休暇をとっていたわけではない

このような一般の主婦が優先される可能性はかなり低いのです。

 

自分が置かれている現状を目の当たりにし、私のような主婦が子供を預けて働くということは自分が思ったよりも難しいのだと実感しました。

 

そして、急激に働く意欲が減ってゆき、

「仕事を探すことを止めよう…」

そう思っていたときに

姉から「在宅ワークをしてみない?」

と誘われました。

 

姉は既に在宅ワークをしており、それに誘ってくれたのです。

 

 

 

在宅ワークとの出会い

在宅ワークは、自宅で仕事ができるため子供を保育に預けなくて済みます。

さらにマイペースで仕事ができるため、子供が風邪で小学校や幼稚園を休まなくてはならない場合でも、誰にも迷惑はかけません。

病院も朝イチで連れて行けますし、自宅で看病もしながら仕事ができます。

もちろん自分が体調を崩しても、体調に合わせ仕事がセーブできますので、“会社を休んでしまっている”という罪悪感や焦燥感もありません。

 

これは、今の私にピッタリだ!と思い、面接を受けました。

 

ライターという仕事は今まで一度もやった事がなく、やり初めた頃は

「自分に出来るのだろうか…」

と不安ばかりでした。

しかしライターの先生のレクチャーやアドバイス、一歩先にライターを始めていた姉のサポートもあり、少しずつではありますが確実にライターとして成長し、こうして現在主婦ライターとして在宅ワークをしています。

 

もし保育園に子供を預けられず働きたいのに働けないとお悩みの方や、自分の希望する時間帯の仕事が見付からず、仕事をすることを諦めてしまっている方は、自宅でできる在宅ワークも検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

在宅ワークは、きっとその悩みを解決してくれるでしょう!