· 

100点満点主婦は辞めよう!合格点主婦を目指せ。

こんにちは、JOINTブログライター、きゅん☺ です。

 

さて、タイトルでは不真面目を進めているように思われるかもしれませんが、誰もが完璧に組み込まれたプログラムのように家事や育児をこなせるわけではありませんよね。

 

私自身とてもマイペースなのですが、やることをやっていないと気持ち悪く感じてしまう性分で、一時期はそれにとても悩んでいた時期がありました。

 

 

 

主婦は年中無休

主婦がしなけれなならないこと、それはまず、家事です。

掃除、洗濯、買い物、炊事など主婦は日曜日だろうと、正月や盆休みだろうと、それをやらなくていいと認められている日は特にありません。

家族全員、毎日着替えますし、毎日お腹も空きます。

毎日、部屋も汚れますし、冷蔵庫の中も常に何かしらあるわけではありません。

 

朝から家族で出かけた日なんか最悪です。

みんな帰宅したら「あ~疲れた~!」と言うだけです。

しかし自分は座る間もなく、せかせかと家事を始めます。

家族がダラダラしている姿を横目で見ると、自分だけしんどいな…と感じたことがある方も多いでしょう。

 

そして育児です。

「育児は夫婦でするものだ!」とカッコいいことを言う方もいますが、1000ではないけれど、私は女の方が負担が多いように思います。

子供が乳児期の際は、母乳育児の方は男性に交代してもらうことは出来ませんし、ご主人が会社勤めの方も多く、出社してから帰宅するまでの間は育児は出来ません。

 

そして子供もひとりの人間です。

大人同様、毎日機嫌も同じではなく、体調もその日により変わります。

特に病気の時はいつもに増してグズりますし、夜中も布団は被っているか気にしたり、苦しそうにしたりしていると、自分もぐっすり寝ている状況にはなかなかなれないでしょう。

 

やはりお腹に子供が宿った1010日は、男性ではわからない感覚もあり、特に月齢が低い子供との意思疎通する能力は、女性の方が優れているのではないかと思います。

しかし、それを一方的に頼りにされると、子育てを都合よく押し付けられている感覚になることもあるでしょう。

 

ここでまた、自分だけしんどいな…と感じることになります。

 

 

 

手抜きは悪いことではない

自分自身に気を遣うこともままならない場合もあります。

風邪を引くこともあれば、家事や育児に追われ寝不足になり体調が優れず、しんどいときもあるでしょう。

 

そんなときは、すべてのことを完璧にこなす必要はありません。

1日、洗濯をしなくても、着る服に困る方はどれくらいいらっしゃいますか?

1日、ご飯を作らず、スーパーで惣菜を買ったり、豪華な場所ではなく、少し安めのファミレスなどで外食したからといって、そこまで家計は苦しくなりますか?

私はそう考えます。

 

洗濯が出来なかった日は、次の日少し量は増えますが、2日分頑張れば良いのです。

ご飯が作れず、外食でいつもよりもお金を使ってしまった日は、おつとめ品を買ったり、特売品をメニューにしたりすれば良いのです。

買い物に行けなかった日は、冷蔵庫の中身を整理すると決めてあるものを使って料理すれば良いのです。

掃除機がかけれない日は、クイックルワイパーやモップでササっとごみを集めれば良いのです。

 

ただし、毎日それではご主人からクレームが来てしまうでしょう。

しんどい時は、正直に相談するのも大切です。

自分だけで抱え込んでしまっていると、それをわからない周りの人はいつもどおりに接してきます。

「以心伝心」は、響きはカッコいいですが、そうそう出来るものではありません。

 

人間は言葉を話せますので、これに限らず伝えたいことは伝えてみると良いでしょう。

 

 

 

終わりに…

主婦はロボットではありませんから、すべて完璧にこなし、毎日満点でいる必要はありません。

大切なのは、自分の心や体のバランスと、周りの環境やサポートです。

うまく調整出来るところは調整し、しんどくなりすぎないように主婦を頑張りましょう。

 

いえ、合格点をクリアし、頑張りすぎない主婦になってみましょう!