· 

本業をしながら在宅ワークをやってみた!

こんにちは。ライターのケイです。

今回は、本業を持つ私が副業として3ヶ月前から始めた初の在宅ワークについてお伝えします。

在宅ワークには様々な会社や形態がありますが、私のように本業をしながら在宅ワークを検討している方々へ、私の体験談が少しでも参考になればと思います。

 

 

 

本業のある私が在宅ワークを始めた理由

収入の為です!() 当然ですよね。
ではなぜ【在宅】を選んだのか?
本業がある私にとって、人に知られず、別の場所に出勤する時間や手間がかからない仕事を選ぶことは、副業をするにあたり重要な条件でした。
本業を辞める気はない為、本業に支障をきたすような大変な業務も困ります。
現在働いている在宅ワークの会社との出会いはネット検索によって
でした
数ある中から自分の条件にあった会社を何件か調べた結果、企業紹介の概要文で他社とは違うモノを感じました。

私にとっては、会社の考え方がとても分かりやすく書かれていたのです。

在宅ワークはノルマがきつく、長時間の仕事を強いられるイメージがありましたが、仕事内容を見た感じそんな雰囲気はなく、「何か良さそう=堅苦しく考えなくても良さそう。」という直感が働きました。

 

 

 

在宅ワークをやってみて

実際仕事をやってみて、最初に考えていたほど楽ではありませんでした。

その仕事内容が、ネット通販の関連業務で、隙間時間を使って投稿やコメントをするものだったので、私の性格的部分と本業との兼ね合いから私には向いていませんでした。
なぜなら
、私の本業では隙間時間を活用した仕事をする事が難しかったのです。
しかし、会社に「自分とこの仕事が合わない」
伝えると、違う業務を紹介してくれました。

次に紹介してもらった仕事は、隙間時間を取る事が難しい私にもやることができる仕事でした。
「一つの仕事で募集をして、出来なかったら終わり!」という会社ではなく、それぞれの性格や生活リズムに合わせて業務を探して対応してくれるところが有難かったです。
最初に感じた私の直感は、そういった部分で当たっていたと思いました。

 

 

 

副業としてする在宅ワークのオススメできる部分

私の様に副業として関わる方、本業としてガッツリ関わる方、働き方は様々ですが私が感じた副業としての在宅ワークの大きな魅力は、


●交通費や移動が不要
(
今年は酷暑の為、在宅の有り難みを痛感しました)
●自分が決めた時間内で働ける
●外に出ない為
、在宅ワークをしていることを人に知られない
●身体が不自由でも可能になる業務が多い
(
数ヶ月前に足首を骨折した私の実感です)
●育児や介護と併用できる
●スッピンでOK

その他にもオススメ出来るポイントはたくさんあります。

本業としてする方にも当てはまる部分もありますが、私はこのように感じました。

 

迷っているなら とにかく やってみる!
会社選びは、大手かどうかではなく自分の直感を信じる。
無理する前に会社に相談する。
本業をしながらやってみた私からのアドバイスはこの3点です。

 

結論としては、副業として在宅ワークは是非ともやってみる価値のある働き方です!

 

まずはトライしてみる事で、自分では思いもよらなかった収入を得たり、能力が開花されていくかもしれません。