副業とは違うパラレルキャリアという働き方

こんにちは、ライターのニコです。

私、日中はキャリアウーマンだったりします。

ですが、日中している仕事は自分が好きなことかどうかと言われると、そうではありません。

実際に好きなことを仕事に出来ている方は、ほんの一握りしかいないのではないでしょうか。

 

さて、この記事を読んでくださっている皆さん、突然ですが、『パラレルキャリア』という言葉をご存知ですか?

Parallel=並行、並列という意味があります。

パラレルキャリアとは、「本業をこなしながら第二のキャリアを並行し築く」という意味があり、現代の新しい働き方として注目されています。

 

そこで、「副業と何がちがうの?」「どんな働き方があるの?」「パラレルキャリアのすすめ方」など気になるポイントをご紹介します。

 

パラレルキャリアという働き方は、仕事だけでなく人生にも繋がっていくこと。

 

働く女性にとって、知っておいて損はないと思います。

 

 

 

副業と何が違うの?

副業もパラレルキャリアのひとつですが、副業との大きな違いとして「報酬が発生しない活動」も含まれることです。

例)ボランティア活動・地域イベント運営などの非営利的な活動など

 

このように、パラレルキャリアは報酬を得ることだけが目的ではないのです。

 

将来目指す分野のキャリア形成や、スキルアップに関することもあれば、ボランティアなどの社会貢献や奉仕活動をパラレルキャリアとして行っている方もいるのです。

 

 

 

どんな働き方があるの?

パラレルキャリアといっても、具体的にどういう人を指すのか、イメージが沸きにくいかもしれませんね。

正社員+ライター、主婦+漫画家、芸人+小説家など、本業以外にも第2のキャリアを持っている方は実は少なくないのです。

 

例)

『ピースの又吉さん』芸人+小説家

芸人でありながらも、小説「火花」が爆発的に売れました。

『神田うのさん』タレント+デザイナー

タレントでありながら、ウェディングドレスのプロデュース業も話題になりました。

 

他にも探してみると、身近にパラレルキャリアのある方がいるかもしれませんね。

 

ちなみに私は、リユース業の正社員として働きながら、帰宅後は自宅で一流ライターを目指し修行中です。

 

 

 

パラレルキャリアの進め方

パラレルキャリアで成功されている皆さんは、多方面で自身の才能を発揮されているということがわかりました。

 

ただ単に「副業」を探すのではなく、「パラレルキャリア」と呼べるものを見つけるためにおすすめの方法があります。

(※大前提として本業に差し支えがないかなど就業規則の確認を推奨します。)

 

   好きなことを書き出しやりたいことを決める

   やりたいことの活動内容を調べる

   決めた活動内容を継続する

 

好きなことを書き出してみることで、本当にやりたい事が見えてくるかもしれません。

 

自分らしい人生を送るために、あなたならではの「パラレルキャリア」を是非見つけてみてください。

 

 

 

おわりに

私は文章を書くことが大好きだった幼少時代を思い出し、本業との兼ね合いを考え、パラレルキャリアとして在宅ワークでライターの仕事をしています。

二つの仕事をするのは大変なこともたくさんありますが、自分のやりたいことなので、達成感や喜びの方が大きいです。

パラレルキャリアとは、「第2の仕事」というよりは「第2の人生」と言えますね。

人生は一度きりなので、「したいことをする」のはとても有意義だと私は思います。

 

あなたらしいパラレルキャリアで、2の人生の扉が開かれるよう願っております^^