· 

知ってましたか?在宅ワークと内職の違いとは?

みなさんこんにちは!

ライターのコナカです。

 

みなさんは在宅ワークと内職の違いをご存知ですか?

 

似ているようで、少し違う在宅ワークと内職の違いを今回は紹介したいと思います!

 

 

 

在宅ワークと内職の違いとは…

・在宅ワークとは

在宅ワークは自宅にあるパソコンや、自分のスマホを使っての仕事が多く、集中して作業を行わなくてはなりません。

インターネットを使っての仕事がメインで、在宅ワークにはWi-Fi環境が必須ともいえます。

 

在宅ワークで使用するスマホやパソコンは基本的に自分の物を使って仕事を行います。

そのためスマホやパソコンを持っていない人は採用されない可能性があります。

 

仕事内容にもよりますが内職と比べると、受注先の他に第三者との関わりがある場合があります。

しかし、外に勤めに行くよりも人間関係が少なく、対人関係でのストレスが少ないです。

 

内職と違い、自宅に既にあるパソコンやスマホを使い仕事をするので、内職では定番の資材を置くスペースが必要ないのも特徴の一つです。

作業報酬も内職に比べると比較的高額で、効率よく作業をすれば、内職の何倍も短時間で稼げます。

 

・内職とは

内職は、くり返しの作業を黙々と一人でやる仕事内容が多く、内職経験者の話を聞くと

「同じ動作の連続なので、慣れてくると勝手に手が動く」

「テレビを見ながら出来る時もある」

など、仕事面は在宅ワークに比べ簡単な作業が多いのが特徴です。

一人での作業ですので、人間関係は発注者のみという場合がほとんどです。

 

内職の場合、どのようにして材料を受け取り、納品するかが、その会社によって違います。

材料を持ってきてくれる会社もあれば、自分で取りに行かなくてはならない会社もあります。

納品する際も、完成品を取りに来てくれる会社と、自分で納品しに行かなくてはならない会社があります。

 

取りに行かなくてはならなかったり、持って行かないといけなかったりする場合は、車が必要になりますので、どのように材料を受け取るのかを事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

内職は1つ当たりの単位の給料単価が0.5円や1円など安く、相応数の量をこなさないと給料があまり良くないのも内職の特徴の一つです。

1万円稼ぐのもかなりの時間を費やさなくてはならないでしょう。

そのため、時間がとれない方はあまり稼ぐことはできません。

 

また、発注者から受け取った資材を自宅で保管しなくてはならないため、ある程度のスペースを内職の資材置き場として確保しなくてはなりません

資材も臭いがある物があり、物によっては置いている部屋が臭くなってしまう可能性もあります。

 

さらに犬や猫など、ペットを飼っていると抜け毛が納品物に付着することがあります。

毛が付着した納品物は廃棄になる場合が多く、ペットがいる場合は断られることがあります。

 

現在ペットを飼っている方はそのことも会社の方に伝えましょう。

 

 

 

在宅ワークと内職、どちらにするか迷ったら…

現在、在宅ワークと内職どちらにするか悩んでいる方は、

・自分が仕事に使えそうな時間

・自分は何ができるか(パソコンやスマホの操作は得意か、不得意か)

・どのくらい給料が欲しいか

・仕事をする環境(内職の材料を置くスペースは確保できるか、パソコンなどの機器はあるか等)

上記の3点を考えてみてください。

 

経験者の口コミやブログなどを参考にするのも良いかもしれません。

 

きっとどちらが自分に向いているかが明確になるでしょう!